FC2ブログ
Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


幸福***2

絵理ちゃんのLIVEで人生一番の幸福を感じたのですが、今日それに負けず劣らない、同じぐらいの幸せがありました

それは授業が始まる数秒前でした。

いきなり鳴った私の携帯。

市外局番が那覇。

「え
と思い慌てて出ると、先週受けた予備校の方

どきどきしながらお話を始めたら「内定が決定いたしました」と……

嬉しくて、嬉しくて、もうその後の授業は上の空でした。。。

*-*-*-*-*

その予備校の高等部の地理歴史科専任講師になります

すごく待遇も良くて、完全週休2日制で交通費も全額支給されるそうです。
それに沖縄中の賢い高校生が集まる予備校なので、とってもやりがいがありそうな職場です!!

ただ、勤務先は固定ではなく、色々な教室を移動しながら勤務するそうです。

主要教科の先生はひとつの教室で勤務するんだけど、社会ってひとつの教室だと授業数が少なすぎるから色々な教室に通いながら働くそうです。
この予備校には那覇市に3校、宜野湾市に1校、沖縄市に1校あるので、1日のうちに沖縄市や宜野湾市→那覇と移動することになるけど、そういう交通費も全部支給していただけるそうです。

*-*-*-*-*

何が一番嬉しいってね、あれだけの給与があれば奨学金の返済や生活費を出しても余剰分が出来て貯蓄できることですね。
母に一切迷惑を掛けることがなく生活できることが嬉しいです
フリーターとかだとやっぱり色々な面でお母さんに迷惑掛けちゃうでしょ?
それに、貯金したお金でお母さんを沖縄に呼んで一緒に暮らすんだ
お母さんに楽をさせてあげられる
今まで沢山迷惑を掛けた分、それ以上に沢山沢山親孝行をするんだぁ

*-*-*-*-*

晴れてお仕事も見つかって、来年からは沖縄で一生涯頑張ります

沖縄の子どもたちの為に、沖縄の未来の為に、沖縄県民として尽力していきます

*-*-*-*-*

私は沖縄も教育も捨て切れなくて、就職出来るならどこでもいいというような妥協を絶対にしたくなかったんです。
良く言えば一途、悪く言えば夢を追いすぎ。

だから、ここの予備校しか受けていませんでした。

教員採用試験の勉強はめちゃくちゃ大変だったけど
ただ、何十社も受けている就活生に比べれば、本格的な就活もせずに1社しか受けずに内定をいただいた私は努力してないのかもしれません…。

その予備校が丁度社会の専任講師を募集していたこと、塾講の経験が役立って模擬授業が上手くいったこと、運に助けられたのかもしれません。
それに、進学校出身の難関私大卒業見込みという学歴にも助けられたんだと思います。
学歴がなかったらいくら授業に自信があっても書類で落ちていたと思います。

だけど誰に何を言われようと私は頑張りました

その努力が報われたんだと、今はすごく幸せな気持ちでいます。

教採に落ちたときは努力は必ず報われるなんて嘘だって思ったけど、今なら違います。

学校と予備校は違う環境だけど、子どもたちのために頑張っていく気持ちは一緒です。

お母さんもすっごく喜んでくれました

これから卒業まで毎月のペースで沖縄へ行くことになりますが、頑張っていきます!!!

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。